spot_img

【8日の市況】Ibovespa終値は0.24%下落するも最安値から離脱 Copom議事録にある大幅な金利削減は想定外との傾向と外国の原油価格改善で

 Ibovespaは火曜日(8)、119,090ポイントで0.24%減少し、3連続安値取引セッションで閉じた。最安値は117,491ポイント(1.58%減)に達したが、結局はそこから大きく戻して終わった。
 外国ではリスク回避の動きが強く、非常にネガティブなスタートとなった。いくつかの要因が株価の下落を招いたが、それは主に2つのポイントに分けられる。
 アゴラが強調しているように、早朝、中国経済に関するデータがまたもや市場を挫折させた。
中国の7月の輸出は、前年同月比14.5%減の2,817億6,000万米ドルとなった。市場予想(-12.5%)よりも落ち込みが激しかっただけでなく、Covid-19の流行が始まった2020年2月以降で最大の落ち込みとなった。6月の下落率は12.4%だった。
 さらに、大手デベロッパーのカントリー・ガーデンが8月6日に支払うべき2,250万米ドルの利払いを怠るなど、同地域のデベロッパーの財務に対する懸念が再び注目を集めた。
 ドイツでは7月の消費者物価指数(いわゆるCPI)が前年同月比6.2%に上昇し、予想と一致したものの、インフレ目標には遠く及ばなかった。
 欧州と米国の銀行関連のニュースも市場にマイナスの影響を与えた。イタリア政府が金融機関の臨時収入に40%の課税を決定したことで、他国もこの措置に追随するのではないかという懸念が広がり、旧大陸のいくつかの銘柄に影響が出た。
 「外国では、7月に発表された中国の貿易収支が予想を下回ったこと、米国の銀行が格下げされたこと、イタリアが銀行の利益に課税することで合意したことなどが、エージェントのムードに影響を与えた」とノモスのエコノミストでパートナー、Alexsandro Nishimuraは説明する。
 「市場はこの日、主に中国経済のデータを受けて、かなりネガティブにスタートした。朝方、輸出入のデータがコンセンサス予想を下回りました。また、ムーディーズがアメリカの地方銀行の格付けを引き下げたことや、イタリアが2023年の黒字課税を発表したことで、銀行セクターに対する懸念もありました」と、モンテ・ブラボー・インベストメントスのパートナーで株式部門責任者のBruno Madrugaは言う。
 しかし、モンテ・ブラボーの専門家は、一日を通してIbovespaを引っ張るいくつかの改善があったことも付け加えた。金融政策委員会(Copom)の議事録は、より大きなカットの恐怖を取り除くことになる、次の会議でSelicの50ベーシスポイントの切り下げを示唆した。ここ数日、ブラジルのイールド・カーブは、政治的圧力により金融当局が下げサイクルを誇張的に加速させる可能性があるという見通しにネガティブに反応しているから、安堵感が生まれた。
 今日、DIは下げて引けた。2024年物先物の金利は3ベーシスポイント低下の12.46%、2025年物は10ポイント低下の10.45%となった。2027年物のDIは13.5ポイント低下の9.97%、2029年物は13ポイント低下の10.43%だった。2031年のDIは11ベーシス・ポイント低下の10.71%で引けた。
 「Copom議事録に沿った期待値の動きは、国際的なシナリオの影響を最小限に抑えた。議事録は、次回の会合で0.5p.p.の引き下げが繰り返され、金融緩和の動きが明確になることを確信させました。石油の回復はまた、ペトロブラスの場合のように、Ibovespaの回復の動きに協力するセクターの企業に息を与えた」と オウロ・プレト・インベスティメントスのアナリスト、Sidney Limは言う。
 ブレント原油のバレルは、取引セッションの多くの減少で動作し、最小で83.32ドルに触れたが、86.03ドルで0.81%の高値で取引を終えた。
 原油価格は、米政府機関が経済についてより楽観的な見通しを予測したため、火曜日に上昇したが、中国の石油輸出入に関する悲観的なデータが重荷となった。
 ニューヨーク市場では、ダウ平均が0.45%、S&P500種指数が0.42%、ナスダック指数が0.79%それぞれ下落した。
 ドルはレアルに対してわずか0.06%上昇し、買値4.787BRL、売値4.898BRLで取引された。

 

最新記事