spot_img

《記者コラム》激化するリチウム三角地帯争奪戦=米中EU巻き込み地政学的緊張

チリやアルゼンチンに分布するリチウム(2021年の資源エネルギー庁資源・燃料部「2050年カーボンニュートラル社会実現に向けた鉱物資源政策」22ページ)

南米にすり寄る欧州

 近年EUが南米にすり寄ってきている。その主因を想像してみるに、一番あり得そうなのはリチウムだ。携帯電話や電気自動車のバッテリーなどに使われる希少金属であり、「21世紀の石油」とまで称される。ラ米にはその世界埋蔵量の約7割が集中しており、争奪戦の激化が進んでいる。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事