spot_img

【15日の市況】Ibovespaは今年の最高スコアを更新、ドルは4日連続の下落 燃料価格引き下げのニュースを受けて下落したペトロブラス株が上値を抑えた

 Ibovespaは、2%上昇した昨日のセッションのような勢いはなかったが、これまでに蓄積された利益を維持し、119千ポイントとなった。ここ数日の出来事とは異なり、今日はブラジル証券取引所がニューヨークの株価指数の動きから離れた。そこでは、米国の金融引き締めサイクルが一時停止した後、株式市場は1%以上上昇した。
 「連邦準備制度理事会(FRB)の講演内容が厳しく、次の会合でさらなる利上げがあり得るとの指摘があったため、昨日の市場はマイナスで引けました。しかし今日、多くの投資家はコミュニケとJerome Powellのスピーチを消化し、データはさらなる利上げと一致しないと考えている」とポテンザキャピタルの株式アナリスト、Bruno Komuraは言う。
 Ibovespaが同じ波に乗れなかったのは、ペトロブラス(PETR3;PETR4)の株価がそれを許さなかったからだ。ガソリン価格の4%削減のニュースの後、株価は急激に後退した。
 「燃料価格削減の発表は、企業への介入を意味するため、否定的である。マルチプル、過去のデータを見ると、この会社は安いと思う。しかし、不確実性の高い将来の業績を考えると、価格は割安ではなくなる」とBruno Komuraは説明する。
 国営企業の株価は、ガソリン価格引き下げのニュース後、当初の高値から一転、政治的干渉への懸念を煽り、「Alexandre Silveira大臣の『余分な脂肪があれば、ペトロブラスはさらなる燃料価格の下落に貢献できる』という演説で、その不安は増幅されました」とノモスのエコノミスト、Alexsandro Nishimurは言う。
 中国の景気刺激策も、水曜日の新興市場を後押しした。中国中央銀行は、1年物中期融資制度の金利を2.65%に引き下げた。この引き下げは、ベンチマークとなる貸出金利の低下予想を強めるものだ。
 S&Pグローバルがブラジルのソブリン格付け(BB-を維持)の見通しを安定的からポジティブに変更したことは、前日の株式市場の上昇を後押ししたが、今日は同じような効果はなかった。エコノミストは、ブラジルが投資適格を回復するためにはまだ課題があると強調した。
 「証券取引所がすでに119,000ポイントというこの水準にあるため、今日は利益実現が期待されました。昨日の高値は、非常に大きな出来高で、ブラジル市場にとって素晴らしいニュースであったS&Pの発表により、外国人が参入したことを示すかもしれません」とIvest Consultoriaの投資専門家、Juan Espinhelは言う。
 「今日、財政的枠組みのテキストが議会に戻されるという噂が流れたが、我々のチームはすでにそれを価格に反映させている。我々は、これが大きな問題であることを信じていない、我々は非常によく整列し、このテキスト上の政治的アーティキュレーションを参照してください」とEspinhelを言い足した。
 Ibovespaは、昨年10月以来の高スコアである119.221ポイントで0.13%のわずかな高値で終了した。この日の金融取引高は287億レアルで、昨日のセッション(715億レアル)の半分以下だった。
 「実質12万ポイントというこの水準を維持したことが非常にポジティブであるとすれば、市場が非常に強いことを示している」とFinacap Investimentosのパートナー兼アナリストであるFelipe Mouraは言う。「株式市場はここ数十年で最も安い水準で取引されており、価格が上昇に転じるには、マクロ経済的なきっかけが必要でした」
 一方、ドルは、4日連続の下落で引け、1年以上ぶりの最低相場を更新した。本日、商業ドルは0.09%下落し、買いで4.802レアル、売りで4.803レアルとなった。
ノモスのNishimuraは、「米国で利上げが停止され、ECBがユーロ圏で再び利上げを行ったことを受けて、ドルも外部動向に追随し、レアルに対して下落した」と指摘している。
 ニューヨーク市場では、ダウ平均が1.26%高の34,408ポイント、S&Pが1.22%高の4,425ポイント、ナスダックが1.15%高の13,782ポイントで取引を終えた。
 「FRBは新たな利上げの可能性を示唆したが、いずれにせよ引き締めサイクルの減速であり、リスク資産にとってはプラスである」とFinacapのMouraは結論づけた。

 

最新記事