spot_img

【29日の市況】Ibovespaは0.52%下落、ドルは上昇してR$ 5へ、 米国の休日であまり流動性のない一日、予想されていた合意がもたらした僅かな反応

 Ibovespaは0.52%下落の110,333ポイントで取引を終了し、ドルは再び5レアルを超え、0.47%増の5.012レアルで売り買いされた。ホワイトハウスと共和党が米国の債務上限を引き上げ、歴史的なデフォルトを回避するための予備的合意に達したという待望のニュースは、月曜日(29日)に想像よりも大きな反応を引き起こした。
 Ágora Investimentosが強調したように、それどころか、ニューヨークの先物指数は午前中に非常に限られた動きしか見せず、ヨーロッパの主要な証券取引所は週明けに下落した。
 加えて、先週の金曜日(26日)は、債務上限に関する合意がそこでなされるとの予測が示され、市場はすでに織り込み済みであったことに留意する必要がある。
 「米国の債務上限に関する合意があった。歴史が示すように、この物語は常に債務上限引き上げの合意で終わるのですから、これはすでに市場が予想していたことです。だからブラジルでは何の影響も与えなかった」とQuantzed社のリサーチディレクター、Leandro Petrokas氏は言う。「短期的な楽観論が生まれるかもしれないが、実際に価値を示したのはテクノロジー分野の銘柄に対する楽観論である」
 また、今日は米国のメモリアルデーの祝日であり、同国のスポット市場は休場となったことも重要なポイントだ。世界的な流動性の欠如は他のビジネスにも反映されており、ドルは主要通貨に対して安定的に推移し、原油先物契約はわずかに下落している。
 並行して、鉄鉱石先物価格は、大連で早い時間に4.89%の強い上昇を持っていた、トン当たり101.59ドルの米国ドルに相当するで引用されたが、さらにその後ヴァーレ(VALE3)セッションで利益を記録せず、65.83レアルで0.75%ダウンして終了した。
 「経済的な課題が、ビジネスの流動性を制限する可能性があり、投資家がより慎重な姿勢を採用する原因となります。一方、国内では、財政枠組みをめぐる上院での交渉が、今週月曜日の具体的なニュースにはならないものの、依然として注目されています」と、同証券会社の分析チームは指摘している。「市場は中国経済の成長を懸念し、非常に慎重な姿勢を示しており、これが今日下落したヴァーレの株価に直接影響しています」とQuantzed社の専門家はコメントした。
 XPはまた、来週の水曜日に議会で議案が採決される予定であるため、投資家は現在、米国における債務上限交渉の続きに注目していると指摘している。
 米下院規則委員会は、火曜日の午後に会合を開き、法案について話し合うという。この法案は、財務省がすべての債務を賄うための資金が底をつくとする6月5日までに、分裂した議会で承認される必要がある。
 また、ブルームバーグがレポートで指摘したように、予備的な合意により、債券トレーダーは、米国が「債務上限を引き上げない」ことを心配することから、「引き上げが金融市場にとって何を意味するか」を心配することにシフトする構えのようです。
 懸念されるのは、暫定的な合意が保留されたことで、財務省が第3四半期末までに1兆ドル以上の債券を売却することで、すぐに現金残高を補充することになる、という最近の予想である。米国のキャッシュストックは現在390億ドルで、2017年以来の低水準にある。
 債券売却は、金融市場から相当量の流動性を吸い上げる可能性が高い。米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げとバランスシートの縮小を進めているため、圧力に拍車がかかる可能性があると指摘する。
 また、今週は「連邦準備制度理事会が次回の金融政策決定会合で何をするかという決定的な週」であり、今後の米国の経済データにも焦点が当てられる。
 金曜日には、米中央銀行が注視する重要な米政府雇用統計が発表される。予想を上回る強いデータが出れば、経済の回復力を裏付けることになり、6月13-14日のFRB総会での追加利上げへの賭けが強まるだろう。
 先物市場では、FRBが来月、借入コストを0.25ポイント引き上げる可能性がすでに60%近くあり、残りの約40%は基本金利が据え置かれると予想している。
 米国の金利が上昇すればするほど、米国の債券市場に資金が還流するため、世界的にドルが恩恵を受ける傾向がある。
 ブラジルでは、上院での財政枠組みの処理に加え、来週木曜日(1日)に発表される第1四半期のGDPデータにも注意が必要だ。
 イールドカーブは、こちらは高値で引けた。2024年のDIは4.5ベーシスポイント上昇し13.21%、2025年は6.5ポイント上昇し11.49%。2027年物、2029年物はそれぞれ3.5ポイント、4ポイント上昇し、10.96%、11.29%となった。2031年物のDIは6ポイント上昇の11.54%で終了した。
 「ドルとの関係では、本日は若干の上値の重さが見られました。また、金利も若干の上昇を見せました。しかし、ここ数週間は金利がよく下がったので、わずかな調整と見ています。先週は2029年1月限で4日連続の下落でしたので、今日は調整的なプロセス、金利の契約を売っている人は少し利益を懐に入れるというプロセスだと思います。市場を離れている人たちは、下落を利用して少しDIを買っている」とPetrokasは説明している。

 

最新記事