spot_img

【15日の市況】コモディティ輸出企業や国内市場に関連する企業が指数を押し上げ Ibovespaは0.52%上昇、8取引連続高

 Ibovespaは月曜日(15)、109,029ポイントで0.52%上昇し、8取引セッション連続で利益を上げ、その期間中に7.10%の高値を累積して終了した。コモディティの上昇、ブラジルの政治的なニュース、そして外部シナリオに助けられたことで、Ibovespaは上昇した。
 指数の上昇率が高かったのは、国内市場に関連する企業だった。EzTec(EZTC3)の普通株は4.91%、Locaweb(LWSA3)は4.06%、GPA(PCAR3)は3.54%上昇した。
 モンテ・ブラボー・インベスティメントスのパートナーで株式部門の責任者であるBruno Madrugaは、「ここブラジルでは、国内経済に焦点を当てた企業の評価が行われています。イールドカーブは、主に長い部分で閉じ続けている」と説明する。
 専門家によると、議会が財政枠組みのテキストに支出を抑制するためのトリガーをさらに挿入することを望んでいるというニュースに、市場はポジティブに反応した。また、両院は同文書の承認に「好意的」だとの発言もでている。
 2024年向けDIは2ベーシスポイント上昇し、13.31%となったが、前進したのはこの1本だけだった。2025年と2027年の金利契約は1.5ポイントと9ポイントを失い、11.67%と11.18%になった。2029年と2031年のDIの金利は、それぞれ11.49%と11.71%と10ポイント後退した。
 「一夜明けて、中国からの生産データがあります。これは、明日に向けて重要なものとなるでしょう。今日は、米国で米国の債務問題を監視しています。また、中国では景気刺激策の発表が行われる可能性があるため、その待ち時間もあります。このように、中国での景気刺激策が期待される中、鉄鉱石の価格もすぐに反映されました。明け方、鉄鉱石はシンガポールで6%以上上昇し、原油も上昇しました」とMadrugaは付け加えた。
 CSN(CSNA3)の普通株は1.88%、ウジミナス(USIM5)のシリーズA優先株は2.01%、ヴァーレ(VALE3)の普通株は1.44%上昇した。
 ノモスのエコノミスト兼パートナーである Alexsandro Nishimuraは、「ペトロブラス株の下落は、国営企業による燃料価格政策の変更の可能性に関するニュースに加え、石油会社が優先交渉権を行使してブラスケンの経営権を取得するとの評価により、反面教師となり指数の大きな上昇を阻んだ」と述べている。「短中期先物金利は国債利回りに追随し、米国の新たな弱いデータ、FRB首脳の演説、米国の債務上限に関する交渉など、外部からの警戒感がある中、ドルは4.90レアルに屈した」
 米国では、ダウ平均が0.14%、S&P500が0.30%、ナスダックが0.66%それぞれ上昇した。
 先に発表された3月のエンパイア・ステート工業活動指数はマイナス31.8で、コンセンサスがマイナス3.70であったのに対し、これはマイナス31.8であった。世界最大の経済大国の債務上限をめぐる対立も続いている。

最新記事