spot_img

楽書倶楽部67号発刊

楽書倶楽部第67号

 日毎叢書企画出版は15日、『楽書倶楽部67号』を発刊した。随筆、旅行記、自分史のほか、絵画や写真作品など42作品が収録されている。
 巻頭の人物紹介コーナー「らくがきえんせ紹介」では同誌にエッセイを寄稿する酒本恵三さんを紹介。酒本さんのブラジル移住経緯や楽書倶楽部との繋がりについて語られている。
 大槻涼子さんの旅行記「高速船サンターレン~マナウス二〇時間の旅」では、アマゾン奥地パラー州モンテアレグレに住む大槻さんが、病気治療のため夫婦でアマゾナス州マナウスまで、普段は使わない高速船で行った際の体験とアマゾン移民としての自身の人生についての想いが綴られている。
 井畑広子さんの「クリチーバ市での生活」では、娘夫婦や孫たちとのほのぼのとした生活記が綴られる。
 醍醐麻沙夫の「ブラジルのジョーク集㉔」では、思わず笑ってしまうユーモア溢れるジョーク4つを紹介した。
 購読申し込みや作品投稿についての問い合わせは前園博子さん(電話11・3341・2113、Eメールnitimaisousho@gmail.com)、石田勉さん(電話11・3208・8040、Eメールishitsusp@gmail.com)まで。
 楽書倶楽部サイト(tsuishi.wixsite.com/shinrakugaki)では創刊号や特別号・記念号等も閲覧できる。

最新記事