spot_img

サンタカタリーナ州=斧で園児4人殺害、5人ケガ=犯人25歳男は逃走後に自首

事件を報じるG1サイト記事の一部

 5日朝、サンタカタリーナ州ブルメナウの保育園に小型の斧を持った男が侵入し、園児4人を殺害、5人にケガを負わせた。5日付エスタード紙(1)などが報じている。
 事件は5日朝、サンタカタリーナ州ブルメナウのヴェーリャ区にある保育園「カンチーニョ・ボン・パストール」で起こった。侵入者は25歳の男性で、塀をよじ登って侵入すると、持っていた斧で園児たちの頭に切りつけた。
 これにより4人の園児が亡くなった。亡くなったのは共にベルナルドちゃんという名の5歳と4歳の男の子、エンゾちゃんという4歳の男の子、ラリッサちゃんという7歳の女の子だった。その他、園児5人が負傷し、内1人は重体だという。
 犯人はその場を逃げた後、自ら警察に出頭し、逮捕されている。
 事件現場は立ち入り禁止となり、近隣の道路も通行が止まった。他の園児は事件を知って駆け付けた家族と共に帰宅した。同園には事件当時、40人ほどの園児がいたという。
 サンタカタリーナ州では2021年5月にも、サウダーデス市の保育園で18歳の男性が園児3人を殺害する事件が起きている。
 ジョルジーニョ・メロ同州知事は事件後、3日間の服喪を宣言。ルーラ大統領やジャンジャ夫人、閣僚たちも次々に哀悼の意を表明した。

最新記事