spot_img

【3日の市況】投資家は財政枠組みの様子見でIbovespa0.37%下落、1%以上下落した最安値からは大きく戻したが、それでも101,000ポイント割れ

 Ibovespaは月曜日(3)、101,506ポイントで0.37%下落した。だが、100,650ポイントと1.21%も下落したその日の最安値からは大きくゆり戻して終了した。ブラジル証券取引所の主要株価指数は、方向感に欠ける1日となり、欧米市場とは少し離れた動きとなった。
 ニューヨーク市場では、ダウ平均が0.98%、S&P500が0.37%それぞれ上昇した。しかし、ナスダックは0.27%下落した。
 「外では、市場はまちまちだった。S&P500とダウ・ジョーンズは上昇したが、ナスダックは引き戻された。主な議題は、OPEC+の発表でしたが、いくつかのデータのリリースがありました。ISM製造業PMIは46.3と50を下回り、製造業が縮小していることを示しました」とXP Investimentosの株式ストラテジスト、Jennie Liはコメントしている。
 週末、石油輸出国機構(OPEC)の加盟国と非加盟国(OPEC+)は、日量166万バレルの減産を発表した。
 一方では原油価格の上昇(ブレント原油価格は6.40%増の85米ドル)がインフレ率を押し上げるとすれば、マクロ経済データの発表は米国経済の減速という事実を補強するものだ。この2つの要因が重なると、世界的な景気後退の懸念が高まる。
 エネルギー企業の参加が多い指数は、何とか緑色で引けた。
 2年物の国債利回りは安定的に推移し、10年物は7.5ベーシスポイント低下し、3.413%となった。
 「ブラジルではOPEC+の発表が反映され、石油会社の高値につながりましたが、それでも、他の指数を動かすには不十分で、全体としてはマイナスになっています」とLiは説明する。「この辺りの市場は、新しい財政枠組みがどのように実行されるのか、その不確実性に目を光らせています。早い段階でポジティブな反響があったにもかかわらず、詳細についてはまだ不透明で、この規則が企業やセクターにどのような影響を与えるのかがわかりません」
 ペトロブラス(PETR3;PETR4)の普通株と優先株はそれぞれ、4.76%と4.73%上昇した。PRIO(PRIO3)の普通株は3.88%上昇した。
 レバンテ・インベスティメントスのパートナーで分析責任者のEnrico Cozzolinoは、「一方、銀行はかなり下落しており、原油価格の上昇がインフレ圧力をもたらし、結果として金利の上昇につながるという見方を反映しています」と述べている。「原油価格の上昇は、燃料価格への転嫁につながります。これはインフレ圧力をもたらす。市場はすでに、金利低下再考の追加要因として理解しているようです。金利が維持され、より厳しい水準にとどまることが予想されるため、小売業など他のセクターも苦しくなる」と、トレヴィザン・ビジネススクールのコーディネーター、Acilio Marinelloは話す。
 しかし、ブラジルのイールドカーブもほぼ下降して終了した。DIは13.19%で安定していたが、2025年のものは11.96%で7.5ベーシスポイント下落した。2027年と2029年の契約は12.03%と12.45%で、ともに9ポイント低下した。2031年のDIのレートは12.71%と9ポイント後退した。
 「将来の金利は、外部シナリオとFernando Haddad財相のスピーチの後に動き、後退し始めた」と、ノモスのエコノミストとパートナー、Alexsandro Nishimuraはコメントした。
 Ibovespaの最大の下落銘柄は、国内市場にリンクされている企業が続いた。ロハス-レンナー([asset=LRE3N])の普通株式は7%、グルーポソマ(SOMA3)のもの、7.64%、およびCVC(CVCB3)、4.18%落ちた。
 これらの企業は主に、JPモルガンのレポートの発表を反響し、新しい枠組みや税制改革の中で、これらの企業は税制優遇措置の縮小によって苦しむかもしれないと言及した。
 「ブラジルにおける新しい財政枠組みの提案の公表は、公共支出の増加が収益の増加に結び付いており、減少は支出増加を維持するための経費削減を模索する要因であるため、税制上のインセンティブに関する議論を引き起こしています」とJoseph Giordano率いるアメリカの銀行のアナリストはコメントしている。(3日付インフォマネーサイト記事

最新記事