spot_img

【16日の市況】クレディ・スイス「救済」を受けIbovespaは0.74%高、ドルは1.03%安 スイス中央銀行の拠出はシステミックリスクの懸念を払拭すると同時に、多少の利上げの余地を与えることに

 16日の木曜日、ブラジル株式市場の主要指数であるIbovespaは、103,434ポイントで0.74%上昇した。世界的な金融システムに関する懸念から引き起こされた最近の下落に続く回復の日であり、ブラジル株式市場は主に欧米市場に追随した。
 Clearの投資アナリストであるLeandro De Checchiは、「ヨーロッパの銀行であるCredit Suisseを安定させるための措置が効果を発揮したようであり、ヨーロッパと米国の株式市場が最近の損失の後回復している」と述べた。
 ニューヨークでは、ダウ・ジョーンズ、S&P 500、Nasdaqはそれぞれ1.17%、1.76%、2.48%上昇した。
 昨晩、Credit Suisseは、流動性を強化するために、スイス中央銀行から最大540億ドルの融資を受けることを発表した。これにより、銀行破綻の懸念が払拭された。また、米国では、シグネチャー・バンクの破綻以来低迷していたファースト・リパブリックに、10行が300億ドルを投入すると発表しました。
 「ただし、金融引き締めは堅調に続く必要があり、リスク資産の利益確定の動きがさらに見られる可能性があります。このタイミングは、弱気シナリオの中で技術的修正のようなものです」と、Clearの専門家は付け加えている。彼にとって、経済リスクからの脱却は、新たな利上げに向けて余地を少しもたらすかもしれないと考えている。
 米国債の利回りは上昇した。10年債券は8.1ベーシスポイント上昇して3.575%に、2年債券は19.3ベーシスポイント上昇して4.168%になった。
 一方、ドルは世界的に弱くなった。米国の通貨の強さを他の先進国との比較で測定するDXYは、104.41ポイントに0.23%下落した。ブラジルの通貨レアルに対しては、買いが5.239レアル、売りが5.24レアルで1.03%下落した。
 ブラジルの金利カーブは、欧米に追随して最近の下落から回復して上昇した。2024年債務不履行スワップ(DI)は8.5ベーシスポイント上昇して13.03%に、2025年債券は10ポイント上昇して12.16%になった。その後、2027年および2029年の契約金利は、それぞれ7ポイントと9ポイント上昇して12.58%と13.02%に上昇した。2031年債務不履行スワップ(DI)は、10ポイント増の13.22%となった。
 「欧米での回復の日、そしてIbovespaもその傾向に追随しました。ブラジル国内では政治的イベントが何もなく、ブラジルが欧米の動きに追随するのは正常です。私たちは安心しました。Credit Suisse側からは、スイス中央銀行による流動性投入とUBSとの可能性のある合併が、金融家たちが長年夢見てきたものであることから、悪いムードを減らしました。アメリカでは、銀行救済のサインがあります。この文脈において、ブラジルが捉えるよりもリスクに対する意欲がやや高まる傾向があります」とEmpiricus Researchのアナリスト、Matheus Spiess氏はコメントしている。
 今日、Ibovespaの上昇を引き起こしたのは、まさに銀行だった。ブラデスコ(BBDC4)の優先株と普通株は、それぞれ2.81%と1.52%上昇した。ブラジル銀行(BBAS3)の普通株は1.07%、イタウ銀行(ITUB4)の優先株は1.65%、サンタンデール(SANB11)のユニット株は1.18%上昇した。
 「ブラジルを見ると、市場は欧米に追随しました。最も良い反応を示したのは銀行であり、中国で豚インフルエンザの新しい症例が発生したことにより、食肉メーカーにも注目が集まっています」とGuide Investimentosのエコノミストは述べている。アジアで発生したアフリカ豚インフルエンザを受け、JBS (JBSS3) の普通株は3.79%上昇、マーフリグ (MRFG3) の普通株は3.35%上昇した。

最新記事