spot_img

【10日の市況】米国の金融システムの健全性に関する懸念から、Ibovespaも1.38%下落、ドルは1.30%上昇 SVB破綻は世界中の投資家を怯えさせ、リスク資産を下落させ、ボラティリティを増加させた

 米ドルは1.30%上昇し、Ibovespaは1.38%下落して、週足で0.24%の低下を蓄積した。ブラジル証券取引所の主要指数であるIbovespaは、外国為替市場の状況に追随したが、国内のニュースにも影響を受けた。
 ニューヨークでは、ダウ・ジョーンズ、S&P 500、Nasdaqがそれぞれ1.07%、1.45%、1.76%下落しました。それらの市場は、シリコンバレー銀行(SVB)の破綻の発表後、金融セクターでシステム危機が発生するのではという不安感で影響を受けたようだ。
 それにもかかわらず、ジョー・バイデン大統領がペイロールの結果発表後、報告書の改善を言及し、失業率が改善していることを示唆した発言を行ったため、経済学者のパウロ・パイバは「SVBの事件が世界経済を非常に心配させた」とコメントした。
 シリコンバレー銀行の破産は、世界中の投資家を怖がらせ、リスク資産を下落させ、ボラティリティを高めた。アメリカのスタートアップ企業向けのサービスを提供するこの銀行は、連邦準備制度理事会による金利の上昇に苦しんでおり、それが貸し出し需要を減少させ、資産を悪化させている。
 市場の一部にとって、SVBは同様の問題に直面する最初の銀行に過ぎず、恐怖指数であるVIXは、前日に18%以上上昇した後、今日9.51%上昇して24.76ポイントに達した。
 システム金融危機の亡霊が現れたため、2月の非農業雇用統計についての報告の影響が薄れた。報告では、311,000人の雇用が創出され、205,000人のコンセンサスを上回った。米国では、給与の減速があった一方で、雇用の創出が期待を上回り、3月の連邦準備制度理事会による0.25パーセントの引き締めを確信する賭けが強まったとアレクサンドロ・ニシムラ、Nomosのエコノミスト兼パートナーはコメントしている。
 Fabrizio Velloni、Frente Corretoraのチーフエコノミストは、「今日のPayrollは期待を上回ったが、1月に比べて下落した。これにより、ドル指数がやや和らいた」と述べている。2年物のトレジャリーイールドは32ベーシスポイント下落して4.58%、10年物は23.4ベーシスポイント下落して3.689%となりました。開発途上国の他の通貨に対するドルの強さを測定するDXY指数は0.65%下落して104.63ポイントになった。
 しかしながら、ブラジルでは逆の傾向が見られた。金利曲線が強まり、ドルはリアルに対して1.30%上昇し、ほぼ週にわたって安定した。
 2024年のDIsは11.5ベーシスポイント上昇し、13.16%に、2025年のものは14.5ポイント、12.38%に上昇した。2027年の契約は12.65%で締結され、9ポイント以上、2029年のものは13.06%で、11ポイント以上上昇した。2031年のDIsは、13ベーシスポイント以上上昇し、13.27%になった。
 「ブラジルは金利に関して外部とは異なる方向に向かいました。財務大臣の演説(Fernando Haddad)は、支出の天井に関して市場を疑わせました。さらに、IPCAは予想を上回り、2023年の利下げ傾向が低下しました」とVelloni氏は付け加えた。
 Haddad氏は午後に、ICMSの損失に関する州知事との合意を発表し、補償額は269億レアルにものぼり、既に混迷している国内財政状況の中で心配されている。

 

最新記事