spot_img

【8日の市況】銀行の好成績とルーラの中銀攻撃後退で、Ibovespaは1.97%上昇、ドルは5.19レアルで終了

 Ibovespaは水曜日(8日)に1.97%上昇し、109,951ポイントで取引を終えた。ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルバ(PT)大統領の同僚が、行政府とブラジル中央銀行のトップが関わる最近の論争を鎮める発言をした後、ブラジルのインデックスは、米国で見られる下落とは変わって、上昇した。
 ルーラ大統領に中銀との対決の温度を下げるよう進言した閣僚のニュースは、本日の株価の動きと連動している。大統領は現在のSelicレートを理由に、中銀のロベルト・カンポス・ネト総裁を攻撃していたが、ようやく一部の大臣が市場の不満について大統領に警告したようだ。
 それは、アレッシャンドレ・パジーリャ大統領府渉外室長だった。水曜日に、中央銀行の自律性に関する現行法を変更する意図は政府側にないことを強調し、金融当局の権限に対して圧力をかけていないことを明言した。
 脅威の緩和により、ブラジルのイールドカーブは全体的に低下した。2024年向けDIは18ベーシスポイントを下回る13.50%、2025年向けDIは38ポイントを下回る12.77%で終了した。2027年物は12.84%で35ポイント、2029年物は13.12%で29ポイント、それぞれ下落して取引を終えた。2031年のIDは、23ベーシスポイント減の13.26%にとどまった。
 Ibovespaの最高銘柄の中には、国内市場に関連する企業も含まれていた。建設会社シレラ(CYRE3)の普通株は4.35%、トットブス(TOTS3)のそれは3.99%、マガジンルイザ(MGLU3)は4.20%の上昇を示した。
 ルーラとPTの政治部門は中央銀行とカンポス・ネトに対して、いずれ穏やかな態度をとるようになるだろうと、市場はすでに予想していた。今日、アレクサンドル・パディーリャが、政府は中央銀行の独立性を変えるつもりはないと演説したのは想定の範囲内だった。
 専門家は、この政治的な信号に加えて、イタウ(ITUB4)が前日に発表した結果が好評だったため、銀行がIbovespaを引っ張るのに役立ったことにも言及している。金融機関の優先株は8.27%の高値で引け、ブラデスコ(BBDC4)の優先株も4.89%の上昇となった。サンタンデール(SANB11)の単元株は4.86%上昇した。
 米国では、この日は弱気な展開となった。ダウ平均株価は0.61%、S&P500は1.11%、ナスダックは1.68%下落し、第4四半期の企業業績が芳しくない中で、前日の楽観的な見方を払拭した。
 外国ではドルが横ばいとなり、先進国の通貨に対する強さを示すDXYは103.50ポイントと横ばいで引けた。対レアルでは、買いが5.196レアル、売りが5.197レアルと0.06%下落した。

最新記事