《記者コラム》移行PECや秘密予算違憲判断の裏=ジウマ政権の反省で作った法律が骨抜きに

ルーラ次期政権の新大臣披露(Foto: Marcelo Camargo/Agência Brasil)

 政権移行PECを承認するのと引き替えに、ルーラはセントロンからいろいろな条件をのまされた。最高裁は「秘密予算は違憲」との判断を下すという最高のプレゼントを贈ったにも関わらず、セントロンは移行PECの中に秘密予算の代わりになるような仕組みを組み込んだ。そして労働者党(PT)の大半もそれを承認する側に回った。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事