《記者コラム》若き日のハダジは共産主義者=移行PEC論拠に現代貨幣理論

USP法学部の学生だった頃のハダジ(Paulo Leite/Folhapress – Agência O Globo、Wikimedia Commons)

市場「共産主義者が財相就任?!」と危惧

 《「環境は悪くなる一方、6レアル以上の為替レート、経済基本金利16%へ」と元中央銀行理事のカンチュク氏、ASAマクロ経済担当ディレクターによると、財政悪化により、来年半ばに中銀が行動を起こす必要性が出てくる》と16日付ヴァロール・エコノミコ紙サイト(https://valor.globo.com/financas/noticia/2022/12/16/bc-vai-ter-que-subir-juros-no-ano-que-vem-diz-kanczuk.ghtml)は金利再上昇の可能性を注意喚起している。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事