spot_img

【12日の市況】メルカダンテがペトロブラス(PETR4)またはBNDES就任との噂でIbovespa2.02%下落、ドル1.26%上昇

※[13日の市況]は編集部の都合により、お休みとなります。

 この日は、政治的なニュースで投資家のリスク回避姿勢がさらに強まった。ルーラ次期政府の財務相にフェルナンドHaddadを指名されたことは、先週金曜日(9)に投資家に織り込み済みの内容として大きな反応は出なかった。だが、PTによるメルカダンテ指名に関する噂は、月曜日(12)に市場を揺るがした。加えて中国のCovid-19の高い感染件数や、米国の金利上昇が景気後退につながるという懸念の中、原油や鉱石などのコモディティの下落で、ネガティブな一日となった。だが、ブラジル市場の安値は主に内部要因によるものであった。
 Ibovespaは月曜日(12)、13時に最安値3%以上下落を記録したが、最終的には8月3日以来の最安値2.02%下落、105.343ポイントで終わった。一方、ドルは5.34レアルまで上昇したが、買いは5.311レアル、売りは5.312レアルと1.26%の上昇で終了した。
 このような動きの背景には、一連の国内ニュースがあった。これに先立ち、O Globo紙のコラムニストであるLauro Jardim氏は、2022年のルーラ大統領選挙キャンペーンのコーディネーターで、現在は移行チームの重要な一員であるAloisio Mercadante氏がペトロブラスまたは国家経済社会開発銀行(BNDES)のトップを引き受ける可能性を報じた。
 ブラジルの株式市場は、先週金曜日に行われた次期政権の大臣名発表と、今朝発表された新政府参加者のいくつかのシグナルにまだ反応して、強い下落で週が始まった。市場はAloisio Mercadanteがペトロブラス総裁またはBNDES頭取を引き受ける可能性があるとのニュースを悪く受け取った。
 Bradesco BBIは、Mercadante氏がLula氏の選挙運動に直接関与していることから、同氏の就任は公社法(lei das estatais)にそぐわないと指摘した。また、メルカダンテが公社トップに就任した場合は、国有企業のガバナンスに大きくマイナスに働くと同分析チームは指摘している。
 XP Políticaは、選挙期間中から次期大統領との対話で言われていたように、ルーラ政権が公社法の改正を推進すべきとも指摘している。
 ミシェル・テメル政権で承認されたこの公社法は、政府内の人事のほか、PTがペトロブラスの価格政策決定に柔軟性を持たせるために意図している変更の推進にも支障があるとみられている。
 公社法の第2項では、過去36カ月間に政党の意思決定機構や選挙運動の組織、構成、実行に関連する業務に携わった人物の取締役会および執行委員会への就任を禁止している。法改正の方法については、まだ議会と協議中であり、議会は最終的に、暫定令か、新法案かを決定しなければならないと見られている。

法的不確実性と不連続性

 公社法では、支配株主である国家と公社との間の規制を改善するために、主に企業統治や企業の買収ルールに関する一連のルールが導入されたため、このニュースを否定的に捉える市場関係者もいた。
 この法律が撤回されれば、ペトロブラスの取締役や役員への政治的登用が容易になる一方で、同社のガバナンスの他の重要な側面、特にコンプライアンス分野の独立性や契約・入札に関する要件が弱められる可能性があるため、投資家はネガティブな反応を示すと考えている。
 午後には、メルカダンテ自身が、「次期政府内で国有企業の法律を変える可能性について議論していることを知らない」と述べ、株価とドルに対するプレッシャーを取り除いた。次期大統領ルイス・イナシオ・ルラ・ダ・シルバ(PT)と次期副大統領ジェラルド・アルクミンの当選認証式に出席したメルカダンテは、「政権移行期に、国有企業に関する法律を変更する構想があったとは知らない」と述べた。メルカダンテは、ペトロブラスやBNDESのトップに就任するという噂について、コメントすることを避けた。
 なお、ペトロブラスについては、やはり専門サイト「PetróleoHoje」が、新政権はペトロブラスと経済防衛審議会(Cade)の間の国有企業による製油所売却の合意を、製油部門への投資の障壁とは考えていない、と言及している。
 BBIは、新政府がCADE総会で新たな投票を求め、条件を変更したり、取引を停止したりする可能性もあるとみている。ペトロブラスによる製油所への投資は、採算が合わないとして市場から嫌われており、アナリストは探鉱・生産への投資が望ましいと見ている。
 ペトロブラスの普通株式は5.17%下落の26.61レアル、優先株は6.39%下落した。

国内市場に連動する株式もIbovespaを押し上げる

 ペトロブラスの株式だけでなく、ブラジル証券取引所の主要株価指数も、ブラジル国内市場に関連する銘柄への下落圧力で、この月曜日は苦境に立たされた。
 新政権の不透明性は、市場から見て非常に不本意なものだと見られている。国内を牽引役とする消費者向け銘柄が下落した。これは、ブラジルの財政の先行きの見通しが悪化したことと関連している。政治的なニュースを受けて、金利が強く上昇すると可能性があるとの指摘も出ている。
 ブラジルの金利契約は、財政リスクにより、大幅な上昇で終了した。2024年のDIは16,5ベーシスポイント増加し、13,97%、2025年のものは33ポイント増加し、13,41%であった。2027年のIADは13.12%になり、26.5ポイントアップ、2029年のIADは13.15%になり、26ポイントアップした。カーブの終点では、2031年のDIが25ポイント上昇し、13.16%となった。
 メルカダンテのほかにも、ルセフ政権時の元連邦国庫庁長官、経済学者のエスター・ドウェックの名前も企画相にうわさされている。投資家が恐れているのは、これらの名前が公共支出を強化し、将来的に国が財政責任を果たすことがより困難になる傾向があることだ。
 国内市場に関連する企業がIbovespaの下落の中で目立ったのはそのためだ。彼らはブラジル人の消費に依存しており、このシナリオでは、資金調達や投資のためにより多くの支出をする。メリューズ(CASH3)の普通株は7.14%、コグナ(COGN3)のそれは4.76%、MRV(MRVE3)は4.71%減少した。

世界と逆方向のブラジル株式市場

 外では、この日はより楽観的だった。ニューヨークでは、来週水曜日に行われる連邦公開市場委員会(Fomc)の決定が差し迫っていることから、ダウ平均が1.58%、S&P500が1.43%、ナスダック指数が1.26%それぞれ上昇した。
 市場は、米国の金融当局が利上げプロセスを継続するものの、前回実施した利上げよりも強度が弱くなると予測している。4回連続で0.75%引き上げられた後、50ベーシスポイントの引き上げが予想され、米国の基本金利は4.25%から4.50%の間の水準になる見られている。金利変更の可能性に加え、投資家は火曜日に発表される米国のインフレデータを待っている。

最新記事