連邦道路警察ヴァスケス長官が被告に=大統領選前後に不可解な行為

 リオ連邦地裁は25日、連邦検察庁が提訴した訴訟を受理し、連邦道路警察(PRF)のシルヴィネイ・ヴァスケス長官を行政上の不正行為(improbidade administrativa)容疑で被告とする判断を下した。同長官は大統領選前後にボルソナロ大統領に有利な図らいを行った疑いがもたれ、連邦検察庁から解任請求が出されていた。25日付現地サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事