20年の死者は19%増加=新型コロナの影響は明らか=呼吸器疾患や外因性の死者減

2020年の死者急増の最大の原因となった新型コロナウイルス(Opas)
2020年の死者急増の最大の原因となった新型コロナウイルス(Opas)

 オズワルド・クルス財団(Fiocruz)が20日、新型コロナパンデミック初年の2020年のブラジルの死者は155万6824人で、過去の数字から推測された死者を19%上回ったと発表したと20、21日付現地サイトが報じた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事