世論調査は本当に大間違いだったのか

ダッタフォーリャのロゴ(facebook)
ダッタフォーリャのロゴ(facebook)

 大統領選一次投票の結果、「世論調査は信用ならない」との声が、ボルソナロ大統領支持者を中心にあがっている。彼らの主張の大枠は「ダッタフォーリャをはじめとする各世論調査は、ルーラ氏圧倒的有利の情報を流すことによって、世論を操作し、恣意的にルーラ氏を当選させようとした」というものだ。こうした見方は連邦政府や連邦議会の大統領派の間にも広がっており、「世論調査機関を捜査せよ」との動きに発展しつつある。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事