spot_img

【29日の市況】Ibovespaは下げ幅少なく0.73%下落、ドルは5.39レアルに上昇

 Ibovespaは木曜日(29日)に0.73%下落し、107,664ポイントになった。ブラジル株式市場の主要指数は、下落にもかかわらず、多くの国際的な指数よりも良好なパフォーマンスを示した。
 ニューヨークでは、ダウ平均が1.54%、S&P500が2.11%、ナスダックが2.84%それぞれ下落した。リスク回避の動きが強く、市場は世界的に悲観的なトーンで動いた一日だった。
 本日の目玉は、米国の失業保険申請件数が予想を下回り、労働力の強さと市場の過熱感を示しており、インフレへの懸念が高まっていることだった。9月24日に終了した週の米国における失業保険申請件数は19万3,000件となり、コンセンサスの21万5,000件から減少した。
 10年満期の国債は3.771%で6.4bp上昇、2年満期の国債は4.182%で8.8bp上昇している。
 また、FRBメンバーであるロレッタ・メスターが、タカ派的で厳しい口調で、インフレに関して警戒を続け、金利を冷やす見通しがないことを述べた演説があり、投資家を不安にさせている。メスターは、たとえそれが景気後退につながろうとも、FRBはインフレ抑制のための努力を続けるなどと弁明した。
 また、ロンドン金属取引所がロシアの商品の取引禁止を検討していることも、世界的なセンチメントを悪化させる要因となった。これは、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が金曜日にウクライナの領土を併合することを決定したことを受けてのことだ。
 全体として、対外的なセンチメントは、ブラジルの選挙に対する懸念さえも最小限にとどめる結果となった。

グローバル・ドル・インデックスは後退

 DXY(先進国の他の通貨に対するドルの強さを示す指数)は、リスク回避の動きもあり、0.40%安の112.15ポイントで取引を終えた。欧州金融当局による介入に投資家が注目しているためだ。
 しかし、レアルに対しては、米国通貨は強含みで推移した。商業ドルは0.86%上昇し、買いは5.395レアル、売りは5.396レアルで取引された。量的緩和の専門家は、嫌気時に生産が自然に流れることに加え、明日は月次のPtax税率の定義があると指摘する。
 ブラジルのイールドカーブも反対方向へ。2023年のDIは13.69%と1ポイント、2025年は12.86%と4ポイント後退した。2027年DIは11.69%、2029年DIは11.87%とそれぞれ25ポイント、40ポイント減少している。最後に、2031年のコントラクトは11.96%で、これも40bp低下した。
 国内経済指標は良好であったものの、B3ビジネスには十分なものではなかった。雇用統計では雇用創出が予想をやや上回ったが、IGP-Mで測定したインフレ率はデフレ幅が拡大したと指摘されている。8月のブラジルの雇用・失業者総数(Caged)は27万8600人で、9月のIGP-Mは0.95%低下し、コンセンサスで予想されていた0.86%の低下を上回った。
Ibovespaの株式

 経済は明らかに改善しているにもかかわらず、国内のシナリオに関連する株式がIbovespaの主な敗因となった。
 アズール(AZUL4)とゴル(GOLL4)の優先株が最大の損失で、それぞれ8.60%と7.96%下落した。マガジンルイザ(MGLU3)、アメリカーナ(【AMER3】)の普通株は、順に6.47%、7.06%下落しました。

最新記事