spot_img

諸井真英埼玉県議が来伯=ブラジルウィスキー市場を調査

諸井真英埼玉県議
諸井真英埼玉県議

 埼玉県議会議員を務める諸井真英さん(53歳、埼玉県出身)が8月28日、昨年から地元羽生市で行われ始めたウィスキー製造の輸出先調査のため来伯した。
 諸井さんは1996~98年までサンパウロ新聞で研修記者を務めた。帰国後、農林水産大臣秘書を8年間務め、埼玉県議会議員となった。諸井さんは「最近日本では、ウィスキーの値段が高くなっています。地元産ウィスキーを広めるためにも、ブラジルでの販売可能性を模索しています」と語った。
 また、諸井さんはサンパウロ新聞での勤務経験を振り返り、「いろんな人から話を聞いて、日本を客観的に見る良い経験だった」と語り、今回の来伯中の印象的な体験として「現金を受け付けないお店やレストランが多くて驚いた」と当地のデジタル決済文化の普及具合を挙げた。

最新記事