spot_img

有名料理人らが饗宴=豪華慈善夕食会、14日に

 ブラジル日系企業家協会(NEB)とピラチニンガ文化体育協会(ACE)は14日19時30分、「第一回NPアートベネフィシェントディナー」をサンパウロ市ピニェイロス区のピッチャ居酒屋(Rua Valério de Carvalho, 63)にて開催する。完全予約制、参加費1000レアル。収益の一部は、日系老人養護施設「憩の園」に寄付される。
 ディナー料理は、サンパウロ市の有名料理店「カザ・ド・ポルコ」のシェフ、ルエダ・ジェファー氏と日本食料理人のカナシロ・アドリアーノ氏が担当。ルエダ氏は、自身が得意とする「豚肉料理」を、カナシロ氏は、ヤノマミキノコとトゥクピを使用した「沖縄そば」を振舞う。パティシエのベルトランド氏によるデザート、ソムリエのヨナシロ・ヤスミン氏が厳選した酒とワインも登場する。
 参加希望者はイベント担当者(電話:11・98302・6577/メール:contato@ikoinosono.org.br)まで。

最新記事