spot_img

《ブラジル》ボルソナロがエリザベス女王葬儀に参加へ=側近は選挙の好感度上昇を期待

ブラジリアの英国大使館を弔問し、参列者帳に記帳しているボルソナロ大統領夫妻(Clauber Cleber Caetano/PR)

 8日に逝去したイギリスのエリザベス女王の葬儀にボルソナロ大統領が出席することが明らかとなった。11~12日付現地紙、サイトが報じている。
 これは10日、カルロス・アルベルト・フランサ外相がブログで公にしたものだ。それによると、この日、ロンドンにあるブラジル大使館に英国政府からの招待状が届き、ボルソナロ氏が夫人同伴で出席する意向を示したという。イギリスの外務省もボルソナロ大統領夫妻の出席をすでに確認している。
 エリザベス女王の葬儀は19日にウェストミンスター寺院で国葬として行われ、亡骸はウィンザー城に納められる。
 大統領は19日の葬儀に参加したあと、米国に飛び、20日からニューヨークで開催される国連総会にも参加する。
 大統領選の一次投票が10月2日に迫る中で国を空けることになるが、大統領の側近たちは、エリザベス女王の葬儀という国際的な場面への参加はボルソナロ氏のイメージアップにつながり、ルーラ元大統領との支持率争いにもプラスに働くとの見方を行っている。

★2022年9月10日《ブラジル》エリザベス女王を顕彰=リオのキリスト像が英国カラーに
★2022年9月10日《ブラジル》大統領6人と面会したエリザベス女王=軍政時代からジウマまで
★2022年9月9日《ブラジル》大統領らが英国女王を追悼=200周年祝辞を送った直後に逝去

最新記事