spot_img

《ブラジル》エリザベス女王を顕彰=リオのキリスト像が英国カラーに

赤と青で照らされたキリスト像(Divulgacao)

 英国のエリザベス女王が逝去した事を受け、リオ市のキリスト像が8日夜、英国カラーである赤と青で照らされたと同日付G1サイトなどが報じた。
 キリスト像を管理している聖堂のオマール神父は、「ブラジルのシンボルであるキリスト像も英国民と心を一つにし、信仰者の見本であり、エレガントで近代的、バランスが取れたリーダーであった女王を偲ぶ。エリザベス女王に安らかな眠りを」と語った。
 70年間の長きにわたり、英国の女王という重責を果たし、多くの危機や闘いを乗り越え、大衆のまとめ役でもあったエリザベス女王は、96歳で安らかな眠りについた。

★2022年9月9日《ブラジル》大統領らが英国女王を追悼=200周年祝辞を送った直後に逝去
★2022年9月1日《ブラジル》パンデミック中に中国投資が3倍に=産業界からは不安の声も
★2022年8月30日《ブラジル》「〝貧民街の音楽〟が世界の舞台に」=VMA音楽賞、アニッタが感激

最新記事