spot_img

芭蕉白河の関俳句賞募集=海外兼題「未来」、15日まで

第4回芭蕉白河の関俳句賞のチラシ
第4回芭蕉白河の関俳句賞のチラシ

 福島県白河市役所(鈴木和夫市長)が「第4回芭蕉白河の関俳句賞」を開催する。投句締め切りは9月15日まで。
 「芭蕉白河の関俳句賞」は、俳聖・松尾芭蕉に想いを馳せ、同地に因んだ俳句を募集する俳句大会。「一般の部」、「海外の部」、「ジュニアの部」があり、選者は鈴木太郎さん(雲取主宰)、佐怒賀直美さん(橘主宰)、神野紗季さん(現代俳句協会副幹事長)が務める。
 海外在住の高校生以上を対象とする「海外の部」への投句は、同市役所サイト(https://www.shirakawa.jp/ssl/shirakawa/mailform.php?code=100)から行う。海外の部の兼題は「未来」。投句料無料。1人3句まで。
 サイト投句が出来ない場合は、ブラジル福島県人会に所定の応募用紙に必要事項を記入の上、15日必着で送付すれば、代理投稿してくれる。ブラジル福島県人会の住所は「Rua da Gloria,721,Liberdade,São Paulo,SP,CEP 01502-001」。
 投句上の注意事項は次の通り。▼作品は未発表のものに限る。二重投句、類似句、盗作は選考対象外▼同一、酷似作品が先行して発表されていた場合は入選取消しとなる場合がある▼応募作品の訂正、返却、取消しはできない▼入賞者の氏名、居住地の地名等は報道等で公表される▼応募作品の著作権など諸権利は主催者が有する。
 「第4回芭蕉白河の関俳句賞」に関する詳細は同大会サイト(http://www.city.shirakawa.fukushima.jp/page/page007427.html)から確認できる。代理投句に関する問い合わせは、ブラジル福島県人会事務局の渡辺三男さん(ワッツアップ=11・99508・7591)まで。

応募用紙
応募用紙

最新記事