太陽光発電に大きな可能性=シグマ・イノバール社・谷脇パウロ代表

 新ビジネス・投資の形として、太陽光発電が注目されている。再生可能エネルギーに特化し、10年以上の実績を持つシグマ・イノバール社の谷脇パウロ代表は、「今後2〜3年でブラジルのGDB(国内総生産)が8〜10%成長するかもしれない。実際にそうなった場合、現在の発電量ではすべての需要を満たすことができず、01年から02年にかけて起こったようなブラックアウトが再発生する可能性がある」と警鐘を鳴らした。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事