安倍元首相との思い出=本橋幹久元県連会長

イビラプエラ公園内「開拓先没者慰霊碑」に献花する本橋さんと安倍元首相(右から、提供写真)
イビラプエラ公園内「開拓先没者慰霊碑」に献花する本橋さんと安倍元首相(右から、提供写真)

 本橋幹久さん(86歳、鳥取県出身)は、安倍晋三元首相が来伯した2014年8月当時、ブラジル日本都道府県人会連合会(県連)の会長を務めた。当時の県連では日本政府に対する要望書を作成し、安倍首相へ手渡す準備を整えていた。本橋さんに安倍首相来伯時の様子を振り返ってもらった。
 県連は翌年(15年)の日伯外交関係樹立120年に向け、より一層のブラジル社会への貢献と日本との関係深化のために要望書を作成。要望書では日系社会のさらなる発展と各県の地域経済活性化に寄与する事業を提案した。
 県連が日本政府へ行った要望は2つ。(1)県受入れ留学生・研修員制度の強化(2)「第18回フェスティバル・ド・ジャポン(日本祭り)=日伯120年の絆」での「ジャパン・プレゼンテーションと日本地域産業文化紹介展」の実施だ。
 (1)では、従来の県費留学生・技術研修生制度に加えて、各県のブラジル対応窓口として活動できる人材の育成を行うことを求めた。当時の安倍内閣の地域活性化策に即して、各県及び各地域の産物の輸出、中小企業の海外進出、観光事業の広報など将来的に日伯両国間で可能な事業を推進し、ブラジルの各県人会と日系社会が活性化する相乗効果を期待した。
 (2)では、県連主催の日本祭りへの具体的な支援要望をまとめた。同祭開催総予算の20%はサンパウロ州とサンパウロ市が公的支援として支出しており、「日本政府も顔が見える形で参加してほしい」との思いを示した。また、日本祭りで実施する各県物産展や文化展を、日本の各県が実施する地域活性化政策と関連させて欲しいなど具体的な支援要望も明記した。
 要望書は福嶌教輝在サンパウロ総領事(当時)から安倍首相に直接手渡してもらえるよう陳情していた。しかし、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事