《ブラジル》マラニョン州でセントロンと繋がる闇金融摘発=企業家を贈収賄疑惑で逮捕=政治家と癒着? 怪しい割当

捜査で押収された現金(Twitter)

 20日、マラニョン州で連邦警察による汚職捜査が行われ、企業家が逮捕された上、現金130万レアルが押収された。この捜査はサンフランシスコ渓谷開発公社(Codevasf)が行った不正入札と横領疑惑に関するもので、選挙年にボルソナロ政権が行ったバラマキに端を発したことが疑われている。20、21日付現地紙、サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事