《ブラジル》選挙時の選挙高裁長官にモラエス判事決定=ボルソナロ大統領派との対立激化か

モラエス判事(TSE)

 14日、選挙高裁で次期長官の選挙が行われ、最高裁判事のアレッシャンドレ・デ・モラエス判事が選ばれた。これにより、大統領選期間中の同裁長官はモラエス判事ということになる。かねてから強い対立関係にあるボルソナロ大統領や支持派にとってはもっとも手ごわい存在で、対決が激化しそうな様相だ。14、15日付現地紙、サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事