《ブラジル》虚報拡散州議が最高裁で再び罷免に=大統領派判事が抵抗するも=全体審理は未完結だが

第2小法廷の審理の様子(STF)

 【既報関連】最高裁第2小法廷は7日、選挙に関する虚報拡散で選挙高裁に議席を剥奪されたボルソナロ大統領派のフェルナンド・フランシスキーニ・パラナ州議の罷免撤回の是非を審理した。そこでは過半数が2日にカシオ・マルケス同裁判事が下した任期回復の司法判断に反対し、フランシスキーニ氏は再罷免された。7、8日付現地紙、サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事