《ブラジル》選挙システム攻撃は民主主義攻撃=人権団体等が大統領に抗議=ボルソナロはなおも不信感

団体からの抗議声明を受け取るファキン長官(Twitter)

 ボルソナロ大統領が現行の選挙システムに対する不信感を述べ続けていることで、民間団体が選挙高裁に抗議声明を提出する事態が生じている。選挙を軍に管轄させることに関しては引き下がった大統領だが、依然として選挙への不信発言は続けている。16、17日付現地紙、サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事