spot_img

《ブラジル》マック・ピッカーニャはウソの味? 「味がしない」と発売禁止に

禁止になったブラジル・マクドナルドの新商品Mc Duplo Picanha(Imagem: Divulgação)

 ハンバーガー大手のブラジル・マクドナルドは28日、同社が5日に発売を開始した「マック・ピッカーニャ」の発売を連邦直轄区で禁止された。ピッカーニャとは、日本ではイチボと呼ばれている部位のことで、1頭の牛から少ししか取れない希少部位。シュラスコで一番人気の肉だ。
 ところが、このハンバーガーを食べた人から「宣伝文句にあるようなピッカーニャ(イチボ)の味がしない」との抗議が18日にあり、それを受けた同区の消費者保護センター(プロコン)が、その部位が入っていないことを確認し、紛らわしい商品として発売中止を求めた。
 同様の訴えはサンパウロ州でも出ており、問題となっており、法務省は同社に対して、全国消費者局に「商品の透明性が足りない理由を説明せよ」との通達を出していた。このように不評だったため、マクドナルドは29日に全国で発売を差し止める処置を講じた。
 一番人気の部位だけに、期待がふくらむ消費者がいるのは致し方ないところ。ただし「ピッカーニャぬきのピッカーニャ」では、世界のマクドナルドとしては信用を疑われても仕方ない。
 思えば、細かいことまできちんとした日本では意外に「ピッカーニャ風味」とか「ピッカーニャ風」などの文言で普通に流通しそうだが、ラテンの血が流れた肉食民族だけにブラジルでは許されないようだ。

★2022年4月7日 「世界長者番付」20代のブラジル人2人が仲間入り=カードのスタートアップで大成功
★2022年4月6日《サンパウロ州》451円が7400万円に=共同で賭けた宝くじが大当たり=社内大混乱、妬みで当選者漏洩も
★2022年3月30日《ブラジル》「絶対に諦めない!」父殺害犯を12年間独自に追跡=ネットで所在調べ上げて通報

最新記事