《ブラジル》バイア州=54年の奴隷労働から開放=虐待、詐欺に苦しんだ日々

奴隷労働から逃れ得たマダレナさん(27日付G1サイトの記事の一部)

 バイア州労働検察局が進めている「家庭内での奴隷労働者開放計画」では初年度だけで550人の雇用主を監査し、昨年は前年比で168%増の奴隷労働者を開放・救出したと27、28日付G1サイトなどが報じた。
 昨年3月にサルバドール市近郊のラウロ・フレイタス市の家庭から逃げ出し、労働検察に保護されたマダレナ・サンチアゴ・ダ・シルヴァさん(62)もその一人だ。
 マダレナさんは54年間、報酬を受け取らず、奴隷労働を強いられていた。また、雇用主やその家族は彼女を虐待した上に、彼女の名前を使って金を借りており、彼女の年金は2万レアルのマイナスとなっていた。
 彼女は昨年、応接間に座っていた時に水を入れた器を持った女主人から「この水を顔にかけてやる」と脅され、「かけたければかければ。でも、そんな事をしてもここには残らない」と言い返したため、「可愛げのない黒んぼめ、とっとと出て行け」と言われた。 
 こうしてマダレナさんは雨降りの土曜日の夜、54年間ただ働きした家庭を離れた。現金も持たず、行くあてもなかったマダレナさんは現在

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事