《ブラジル》大統領選=ルーラ「アウキミンに問題ない」=党内反対派を牽制する発言=PTとPSBは党首会談開催

19日のルーラ氏(Twitter)

 党内部で一部の強い反対意見がありながらも、労働者党(PT)とブラジル社会党(PSB)の間では、10月の大統領選でのルーラ元大統領とジェラウド・アウキミン元サンパウロ州知事のシャッパ(連立名簿)を中心とした連立が前進している。19、20日付現地紙が報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事